本文へスキップ

佐賀大学農学部附属アグリ創生教育研究センター 機能性植物資源学分野

進学、共同研究、業務依頼その他お問い合わせはMail: yumatsu(アット)cc.saga-u.ac.jp

   

研究室配属にあたって 資源循環生産学コース2年生の皆様

2018年度松本研究室には3名が分属しました。
2019年度分属(2018年度入学生)に向けた見学・相談等は随時受け付けております。

見学・相談を希望される場合は、日程等調整しますので、お気軽に以下のフォームやメール等で連絡してください。



松本研究室では、@機能性食品・化粧品の原料や商品化に関する研究、A遺伝資源を活用した新規素材の品種開発研究を行っています。
2017年には1年間で20件以上のテレビや新聞、雑誌から取材があり、研究室学生も多く掲載されている注目の分野です。

機能性食品や化粧品、品種など研究を通じて新たな商品を開発することに興味がある方、企業と連携した取り組み・実績づくりを行いたい方をお待ちしています。


研究室に配属後は、2〜3年生にかけて実験方法等を学び、その後4年生になってから本格的に卒業研究を開始します。また、3年生からは企業等と共に商品開発やPRなどの社会活動にも参加します。
研究室では、知識よりも研究に対する意欲や発想力が求められますので、現時点で生物や化学に関する知識がなくても問題ありません。個別の専門知識については、配属後の少人数ゼミやミーティング等で指導していきます。


Q.研究室にはいつから通うことになりますか?
A.2年後期は定期的な活動はなく、研究室に行く機会はあまりありません。
 3年生になると週1回のゼミが始まります。
 前期は基本的に本庄での開催、後期は久保泉での開催予定です(2018年)。
 このため、主に3年後期になってから週1回程度研究室に行くことになります。
 ただし、全員一緒の移動なので同級生か先輩の車に同乗して行くことが多いです。
 4年生になってからは、基本的に平日は研究室で実験等になります。

Q.4年次以降研究室には何時から何時までいればよいですか? 土日もありますか?
A.4年次以降は基本的には平日9時から17時までは在室していることが望ましいです。
  就活等の場合は休むことは可能です。
  土日は基本的に休みです。

Q.研究室配属後もサークルやアルバイトを続けることはできますか?
A.2〜3年生においては、講義など学業に影響がない範囲であれば全く問題はありません。
  4年生においては日中は原則として禁止しますが、夜間や土日であれば研究に影響のない限り構いません。
 
Q.どのような就職先がありますか?
A.2015年から研究室を開設したばかりで卒業生は少ないのですが、傾向として、医薬・化粧品メーカー、
  食品会社、種苗会社、農業資材関係、公務員関係を内定・志望することが多いようです。

Q.唐津キャンパスに移転するのですか?
A.まだ確定ではないですが、組織改編により2019年から唐津キャンパスに移転する計画が挙がっています。
  このため、2018年度の3年生以降は唐津キャンパスで卒業研究を行う可能性があります。



information

松本研究室
(機能性植物資源学分野)

アグリ創生教育研究センター本部
〒849-0903
佐賀市久保泉町下和泉1841



唐津キャンパス内研究室
〒847-0021
佐賀県唐津市松南町152-1



関連リンク